食品添加物の甘味料について

食品添加物はあまりよいイメージはありませんが私達の食生活の中で添加物が入っていない食品はほとんどないといってもよいでしょう。その中でも食品添加物の甘味料に関して外せません。そんな甘味料とはいったいどういう物なのか調べてみました。

甘味料の種類

主に食品添加物の甘味料は甘い味をつける目的の為に使用されています。種類は2種類に分類が分けられ、高甘味度甘味料と低甘味度甘味料です。
(高甘味度甘味料)この甘味料は主に低カロリー甘味料として使われています。カロリーを抑えるため、少量で甘みが感じられるほどです。その甘味は砂糖の十数倍以上あります。
(低甘味度甘味料)この甘味料の特徴は熱を加えると砂糖よりも甘みが低く感じるのです。

主に使用されている甘味料

アスパムテール (表示:アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物)
この甘味料の特徴はお砂糖の300倍の甘みがありますが虫歯になりにくいという特徴があります。少量使用するだけでも甘みが出るのでダイエット甘味料として使用されています。また、このアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物と記載が義務付けられています。その理由はフェニケトン尿症疾患の方はこの成分の摂取量が決められ、その摂取量を管理するために必要だからなのです。

キシリトール (表示:キシリトール)
特徴はさわやかな清涼感のある甘みで、砂糖と同様の甘みがあります。またこのキシリトールは血糖値の急上昇を抑える上、インシュリンの反応を引き起こさないので糖尿病疾患の方の調味料として使用されています。また一般的にはガムやチョコレートに使用されています。

ステビア抽出物 (表示:ステビア)
ステビアの特徴は砂糖の300倍の甘みがあり、この甘味料を使用することで他の甘味料の質が良くなります。

甘味料のメリット

食品添加物の甘味料は砂糖の代用になり、さらに少量で甘みが出るので食品自体のカロリーを抑えることができます。

甘味料のデメリット

少量で甘みを出す甘味料ですが、甘みが強い食品が多数出回ることで、甘いものをさらに欲しくなるようになる傾向があります。また、多量に摂取することで人体に悪影響を及ぼすこともあります。